在留許可申請をサポートします!

外国人の方が日本に滞在する場合、入国管理局で入国審査を受けます。その際、在留資格を取得するための書類などを作成、準備、提出する必要があります。
在留資格は、全部で27種類あります。大きく2つに分ける事ができ、一つは活動内容による分類で、もう一つは身分・地位による分類です。
活動内容による分類は、外交・公用・教授・芸術・宗教・報道・投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、技能実習、文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在、特定活動(ワーキングホリデー、EPAに基づく外国人看護師・介護福祉士、ポイント制など)の23種類となります。
身分・地位による分類は、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者の4種類となります。

在留資格には、就労可能な在留資格と、就労できない在留資格とがあります。
在留資格のうち、身分系の在留資格である「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」と、「特別永住者」には就労制限がありません。
活動内容による在留資格は、各々の活動の範囲内での就労が可能となります。

在留資格と、査証(ビザ)は、よく混同されますが、在留資格と査証(ビザ)は、まったく異なるものです。
在留資格は、27の在留資格のうちの1つを在留資格として付与され、その在留資格の範囲内での活動が認められるもので、日本に滞在し、活動するための根拠となるものです。
一方、ビザ(査証)は、その人物の所持する旅券(パスポート)が有効で、その人物が入国しても差し支えないと示す証書です。
多くの国では入国を保証するものではなく、入国許可(上陸許可)申請に必要な書類の一部として理解されています。

取扱業務

行政書士は、申請取次のプロフェッショナルとして、申請者からヒアリングをして、27種類の在留資格のうちどの在留資格に該当するのか、どんな書類を提出すれば許可が下りるのかなどの判断を行いも申請書類を作成し、入国管理局に提出します。品川の入国管理局に近い当事務所におまかせください。地の利を生かしたスピーディなサポートをします。

・在留資格認定証明書交付申請
・在留期間更新許可申請
・在留資格変更許可申請
・在留資格取得許可申請
・資格外活動許可申請
・就労資格証明書交付申請
・再入国許可申請
・永住許可申請

お気軽にご相談ください!!

~疑問、お悩み、ご相談は~03-3474-2735営業時間 10:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。